投稿キャンペーン

Last days!!

投稿者 yngm: k staff rui_ishiguro
3月21日。ついに迎えたyngm: k最終日。
前日のタテさんの余韻を引きずりながら迎えた朝。
この日は午後2時からイベント開始の特別営業時間。加えて展覧会最終日の祝日ということもあって多くの人が来場してくれました。
特に子どもを連れた家族でいらしてくれた人が多かったように思います。

お客さんを見ていて、
「あっ、以前にも来てくれた人だな。」
「毎日絵の変化を見にきてくれた市役所の人だ。」
「最初の頃に来てくれたお年寄りの方だ。」
なんてことを想いながら、この一発目のDJwanwansが登場。いつもの着ぐるみで登場すると、子どもに大人気のwanwans。
そのままエアギターまで披露。犬のエアギター。店内がそんなエアギター大会が繰り広げられる中、外では子ども達によって小屋の壁に落書き大会。青空の下、色とりどりのチョークのに寄ってどんどん描かれて行く小屋。真っ白だった小屋はみるみる内ににぎやかに。お父さんに肩車されながら絵を描く子どもも。

徐々に日も傾き始め、店内もLiveモードが近づいてきます。
この日のライブアクトは横浜→弘前→金沢と全ての土地でLiveを行ってくださったthe teachers。彼女の参加するフィーメールデュオ、M.A.G.O.はYoshitomo Nara+grafのベルリンでの展覧会のオープニングライブアクトもつとめ、大好評。
奈良さんのドキュメンタリー映画にも楽曲を複数提供し、gm: HIROSAKIのラストイベントのアクトもつとめて下さったogurusu norihideさん。
そして、弘前でのZ-night、gm: HIROSAKIでの歌の番外地と感動のLiveを僕らに見せて下さったoutsideyoshinoさん。

Liveスタートの呼びかけが始まると、ステージのあるスタジオ内に人が流れ始めます。この日はいつもより沢山の方々がいらしてくれているので、少し窮屈な環境でしたがそれがより高揚感を高めてくれるような感じがしました。
最初はthe teachersのliveからスタート。金沢にゆかりのあるアーティストという事もあって、the teachers目当てで予約してくださった方もいらっしゃいました。ゆったりとトークを交えながらのLiveは先ほどまでの会場の空気をガラッと別なものにしてくれます。途中、みんなでの合唱なども含めながら心温まるLiveでした。スタジオの隣の部屋から、小さな子どもがガラス越しにliveを見ている姿が印象的でした。

続いてはogurusu norihideさんによるlive。いつものように響き渡る歌声で始まったLiveでしたが、この日のogurusuさんは後半にいくにつれて徐々に感情がストレートに現れた歌声に変わってゆきました。今まで、横浜、弘前と何度もogurusuさんのliveを拝見させて頂きましたが、この日の歌は奈良さんのスタジオの空気や一緒の共演者に触発されたのかとても印象的で、時が経った今でも強く心に残る歌声でした。

最後にoutsideyoshinoさん。さきほどのogurusuさんの歌声が残る雰囲気の中始まったLiveもまた感情に響き、弘前から金沢へプロジェクトを通じて繋がった二カ所で聴かせていただいたyoshinoさんの歌声と共に様々な人の顔や土地の思い出がよみがえって来ました。

yoshinoさんの演奏と共に会場の熱気も徐々に盛り上がってゆきます。『荒野に進路を取れ』のギターフレーズが始まるとこの曲を良く知る人々は飛び跳ねる様に喜び、知らない方々もその空気に同調するかのように盛り上がってゆきます。最初から最後まで、途切れる事のない力強い歌声の余韻に浸る様にしてLiveは終了しました。

最後は奈良さんのDJで締められ、長いプロジェクトが終わりを迎えました。
このblogもプロジェクトの終わりと共に更新を終えます。

最後に、スタジオカフェyngm: Kに遊びにいらして下さった皆様、すばらしいLiveや料理を提供してくださったアーティストの方々、様々なハプニングの行ったこの場所を支えて下さった美術館の皆様、関係者の皆様、金沢で出会った皆様、弘前の皆様、この場所を作り上げて下さった奈良さん、そしてyngm: Kのスタッフの皆様。
本当にありがとうございました。



■  [PR]
# by yngmk | 2007-04-15 00:57 | voice

最後を振り返りながら

投稿者 yngm: k staff rui_ishiguro
金沢21世紀美術館内プロジェクト工房で11月3日から期間限定でオープンしていたスタジオカフェyngm: kも3月21日をもって無事に閉店しました。最後の2日間の様子と供に数回にわけてyngm: kでの日々を振り返りたいと思います。
最初は最終日前日に行われたタテタカコさんのソロライブの様子からお伝えしたいと思います。

3月22日のライブ当日。お昼を過ぎた頃に長野から車で最終日に登場して頂く吉野さん、JKさん、マネージャーの方とタテタカコさんが到着しました。

この日はいつもよりイベントの時間を送らせてタテさんのLiveをより前面に出したイベントでした。ズテージにはピアノが一つ置かれただけのシンプルなセット。普段はスタンディングでのLiveが多かったのですが、この日は全員がしっかりと見れるようにとお客さん全員に座って頂きました。
白い衣装で登場したタテさんがピアノの前に座り歌いだすと澄んでいるのに力強い(この表現も適切ではないと思いません。できたら実際にLiveに足を運んで頂いたり、CDを購入して聞いてもらいたいです。)歌声に座っていたお客さん皆の視線が注がれて、会場の開始前の緊張感が徐々にリラックスしていくのが外からでも解りました。
タテさんのLiveを青森県弘前市で企画などして何度もみているJKさんもこの時のLiveはタテさんご本人がリラックスしていてとても楽しんでいたと言ってくれました。

今もタテさんの道程という曲を聴きながらこのブログを書いているのですが、良い意味でCDとLiveは違っていて、どちらもタテタカコさんというアーティストを楽しんでいるように感じます。
時がたった今でもLiveの時の歌声がはっきりと頭の中に浮かんできます。それぐらい強く印象的な歌声でした。

Liveが終わってCDにサインを頂きに行くととても、とても深々と挨拶をして下さったタテさんがとても印象的でした。そんな普段とのギャップがよりLiveの印象を強くしているのかもしれません。
そしてLiveを聴きながらいつか岩木山のはっきり見れる澄んだ空の弘前で聴いてみたいと思いました。






■  [PR]
# by yngmk | 2007-04-11 01:38 | voice

ついに最後の夜!!

投稿者 yngm: k staff rui_ishiguro
11月3日にオープンしてはや4ヶ月。ついに最後の日が近づいてきました。
今日、最後のチキントマトカレーも終了し終わりが近づいてくるのを実感します。
しかし!しかし!!
そんなことも吹き飛ばして、全てを解放すべき2日間がやってきます!!
studio cafe yngm: k final 2days!!!!
20日は映画『アルゼンチンババア』の主題歌を担当し、奈良さんもCDのジャケットに絵を提供しているタテタカコさんのソロLive。アンデス民謡を編曲したその歌を奈良さんに聴かせてもらった瞬間にLiveをお願いしました。

そして最後の一夜は、弘前でも迫力のLiveを披露して下さったoutside yoshino!
gm: HIROSAKIでの最後の一夜を竹内晃さんと供に締めくくって下さったogurusu norihide!!
そして最後は奈良さんのベルリンでの展覧会でもM.A.G.OのメンバーとしてLiveをしてくださったthe teachers!!!
そして金沢に集る今宵限りのスペシャルなDJ陣。きっとすばらしい出来事が起きるに違いありません!!

最後の2days。あふれる音楽とその空間に身をゆだねてください!!
以下詳細になります。


Yoshitomo Nara:Moonlight Serenade
studio cafe yngm: k  the eve of final special Live
タテタカコ・ソロライブ 
20(tue).March.2007  19:00-

スタジオカフェ yngm: kのファイナルは二日間にわたりスペシャル・ライブ・イベントをお届けします。第1弾は、2007年春 全国ロードショーの映画「アルゼンチンババア」の主題歌であり、奈良美智の絵がジャケットのシングル「ワスレナグサ」、そして初のフルアルバム「イキモノタチ」のリリースを掲げてタテタカコさんが登場します。ピアノの弾き語りによる、繊細さと力強さを兼ねそろえたような心の奥にまでしみる彼女の歌を是非ご堪能下さい!!

【タテタカコ】
1978年生まれ。国立音楽大学卒業後、2001年頃から地元・長野県飯田市を中心にライブ活動を始める。
『誰も知らない』(04/是枝裕和監督)挿入歌『宝石』を収録したファーストアルバム『そら』をリリース。以降、倉橋ヨエコ、アナログフィッシュ、遠藤ミチロウ、eastern youth、向井秀徳アコースティック&エレクトリックなど多くの個性的なアーティストと共演するなど、全国各地でライブ活動を精力的に行う。また、自らの内面世界を精緻に描写し、芸術的評価を高めたセカンドアルバム『裏界線』(05)、そして、“飯田三部作”完結編として位置づけられる『稜線の彼方へ』(06)をリリース。ピアノと歌だけで独自の表現世界を綴り上げた文学的小品集は多くの人々の心を打ち、各地で展開されているライブにもたくさんのファンが詰めかけている。 

■ タイトル 
タテタカコ・ソロライブ 

■ 日時
2007年3月20日(火)19:00-

■ ライブ
タテタカコ

■ 場所                  
金沢21世紀美術館内 プロジェクト工房 スタジオカフェ yngm: k
■ 料金          
 ¥2000(with 1drink) 

■ お問い合わせ
yngmk@graf-d3.com       
    
■ ご予約        
お名前、人数、ご連絡先を明記の上、 yngmk@graf-d3.com までお送り下さい。(定員先着100名)
※ご予約はメールのみでの受付に限ります


Yoshitomo Nara: Moonlight Serenade
studio cafe yngm: k final special Live
Voyage of the Moon
21(wed).March.2007 14:00-
11月3日のオープンから早5ヶ月。ついにスタジオカフェyngm: kが最終の営業日を迎えます。最後の一夜を飾るのは3本のギターと3人の歌い手。
現在ベルリンで行われているYOSHITOMO NARA+grafの展覧会オープニングレセプションでのLiveも大好評だったM.A.G.O.のメンバーでもあるthe teachers。映画『NARA:奈良美智との旅の記録』にも複数の楽曲が使用されているogurusu norihide。そして奈良美智とも親交が深く、『YOSHITOMO NARA+graf A to Z』で弘前において迫力のLiveで多くの感動を生んだoutside yoshino。
今宵、月夜が照らす最後の宴。3人の歌声と、この日の為のスペシャルDJ陣の響かす音楽に身をゆだねて下さい!!


【outside yoshino】
北海道帯広市出身。38歳。エレキギターとアナログディレイ。それから歌。マーク・リボーとムード歌謡を混同している。超近眼。故に常に眼鏡着用。フレームはメガネドラッグの最廉価品の老眼用フレーム、¥3,000也。民家、アンティーク屋、美容室、酒場、廃ビル、等で時折演奏する。録音時には「bedside yoshino」に変身する。集団適応能力は極めて低い。身体は腐敗した泥土で出来ている。頭脳は超ポンコツ。漂う加齢臭。苦情は受け付けない。

【ogurusu norihide】
1977年京都生まれ。02年にcarparkrecords(NY)より1stアルバム「humour」をリリース。2ndアルバム「modern」から、04年公開の映画「恋の門」のサントラに採用されている。デヴィッド・シルビアン(元JAPAN)の来日記念パーティーでライブをしたりと、ライブパフォーマンスも各方面より高い評価を得ている。05年7月にリリースされた初のヴォーカルアルバム"good morning"は、現在もロングセールスを続けている。

【the teachers】
大阪生まれ。東京在住。ミュージシャン兼小物雑貨アーティスト。フィーメールデュオM.A.G.O.のメンバー(vo.guitar)としてもマイペースに活動中。graf関連ではソロ&M.A.G.O.でgm(大阪)→gm: Y(横浜)→gm: H&AtoZ(弘前)→金津の創作の森(福井)→ベルリンgalerie zink berlin(ドイツ)にてライブ。そして金沢でも奈良さん&grafと一緒です。今回はクラシックギター&歌でノスタルジックアバンギャルドフォークな感じで弾き語りです。どうぞよろしく!

■ タイトル
Voyage of the Moon

■ 日時       
2007年3月21日(水・祝)
第一部 14:00-[無料]
第ニ部 18:00-[有料・下記参照]

■ ライブ
outside yoshino
ogurusu norihide
the teachers

■ DJ
奈良美智
JK(from 弘前)
wanwans

■ 場所
金沢21世紀美術館内 プロジェクト工房 スタジオカフェ yngm: k
■ 料金   
¥3000(with 1drink) :定員先着150名
※会場の都合上、定員に達しました場合、ご入場をお断りさせていただきます。あらかじめご了承下さい。

■ お問い合わせ   
yngmk@graf-d3.com

■ ご予約    
お名前、人数、ご連絡先を明記の上、 yngmk@graf-d3.com までお送り下さい。
※ご予約はメールのみでの受付に限ります

※14:00-18:00までは無料となっております。
Live開始の18:00以降は有料となります。あらかじめご了承下さい。

■  [PR]
# by yngmk | 2007-03-18 01:35 | event

Blind Moon TICA Live

投稿者 yngm: k staff rui_ishiguro
3月10日はTICAのLiveでした。しばらくの間活動をお休みしていたTICAのひさびさの金沢でのLive。開場時間直前には小雨が降り出す空模様のなか、石井マサユキさんの奏でるギターと武田カオリさんの歌声を求めて多くのお客さんがいらっしゃいました。
yngm: kのLiveでは立ち見が多いのですが、この日のLiveではみんなが体育座りをしています。なにかその声に聞き入るようにみんなが一点を見つめているその時間が印象的でした。
Live終了後、会場の隅でTICAのお二人と奈良さんが話をしていました。この日はカヴァー曲も披露されましたが、奈良さんが聴きたかったカヴァー曲ではなかった様子。いつかその曲がTICAのLiveで奈良さんの耳に届けばと思います。



■  [PR]
# by yngmk | 2007-03-18 00:59 | event

雪化粧

投稿者 yngm: k staff rui_ishiguro
先日まで温かかった金沢が一転、今朝は一面雪化粧に覆われました。
スタジオカフェの赤い屋根も真っ白になっています。
今日は温かいカフェオレを飲みながら雪の降る外を眺めるお客さんが多くいらっしゃいました。


■  [PR]
# by yngmk | 2007-03-08 02:37 | voice

ukulele部Live!!

投稿者 yngm: k staff rui_ishiguro
先週の日曜日はスタジオ公開日でした。
それにあわせて13:00と15:00からyngm: kに入ってすぐの空間でukulele部のウクレレアンプラグドLiveが行われました。
これを目当てにいらした人、たまたま通りかかった人、そんないろいろな人々が見つめる中アロハシャツで統一した総勢約20名によるウクレレLive。
昨年12月に同じくウクレレLiveをやってくださったLinaLinaさんの「時には」も披露され温かな空気でスタジオ内を包み込んでくれました。
温かな午後、お母さんと一緒に手拍子をする子ども達が印象的だったLiveでした。


■  [PR]
# by yngmk | 2007-03-07 03:19 | event

明日はウクレレでお出迎え

投稿者 yngm: k staff rui_ishiguro
今日に続き明日はスタジオ公開日です。
スタジオ公開日には全国から多くのお客様がスタジオカフェにもいらっしゃいます。
AtoZのボランティアで出会った方々と金沢で再開したりとすこし不思議な感じがします。

そんなスタジオ公開日にお客さんをウクレレ部でお出迎えします。
昨年12月にスタジオカフェでLiveを行ったくれたLinaLinaさんのLiveでも飛び入りセッションでも登場してくれたウクレレ部が登場します。
今回は13:00と15:00の2回講演。無料Liveですのでお気軽に遊びにいらして下さい!!

以下イベント詳細になります。

21st.Century Museum of Contemporary Art,Kanazawa presents
Yoshitomo Nara:Moonlight Serenade
studio cafe yngm: k weekend session
月の夜は –ukulele club Live-
4 (sun). March 2007 13:00-&15:00-
昨年12月にはyngm:kで行われたLinaLinaのLiveへの飛び入りセッションでも話題を呼んだウクレレ部。スタジオ公開日に皆さんをピースフルな音色でお出迎えいたします!!


【ウクレレ部】
ウクレレ大所帯バンド。
大人の部活動として始まり、早2年。この2年間に数々のイベントやTVCMに出演をマイペースにこなすゆる〜い人々。
フラダンスとのセッションやクリスマス時期に主催するイベントでのLiveなど、四季や場所を問わずいつでも温かな音楽を届けている。


■ タイトル
月の夜は –ukulele club Live-     

■ 日時       
2007年3月4日(日)13:00-&15:00-

■ ライブ
ウクレレ部

■ 場所
金沢21世紀美術館内 プロジェクト工房 スタジオカフェ yngm: k
■ 料金   
無料

■ お問い合わせ   
yngmk@graf-d3.com

■  [PR]
# by yngmk | 2007-03-04 02:38 | event

3月10日は!!

投稿者 yngm: k staff rui_ishiguro
24日-25日の連夜のイベントが終わり、今週末はスタジオ公開日です。
先日から奈良さんも帰ってきていて、スタジオでの作業も再開されました。

そして一週間おいて3月10日の土曜日18:00からはスタジオでTICAのLiveが行われます。yngm: kの前身gm: YOKOHAMAでもBGMとしてもよく流れていてスタッフにも好評だったTICA。yngm: kでも店内BGMとして使用していますがこちらも好評、とても楽しみなLiveです!!
以下イベント詳細になります。

Yoshitomo Nara:Moonlight Serenade
studio cafe yngm: k weekend session
Blind Moon -TICA Live-
10(sat).March.2007 18:00-

昨年、少しの期間だけLiveの休止をしていたTICAが活動を再開!一回りも二回りも大きくなって帰ってきたヴォーカル・武田カオリと、昨年リリースのGABBY&LOPEZの2ndアルバムも大好評、ストイックなまでにそれぞれの活動のスキルアップを追求する、ギターの石井マサユキ。いつも無駄のない音と、深く心に響く楽曲、アレンジで常に張りつめた演奏を見せてくれる二人。北陸でも多くの活動をしているTICAの久しぶりの金沢でのライブです!

【TICA】 http://mining-for-gold.com/
武田カオリ(Vo.)と石井マサユキ(Produce,All Inst.)によるグループとして活動開始。2000年5月、カヴァー集『No Coast』でデビュー。収録曲『Rock The Casbah』とそのSmith&Mightyによるリミックス・トラックが国内外で評価される。2001年のオリジナルフルアルバム『Weight-Less』から、Cafe Apress-midiでのライブ盤などを含み以降オリジナル、カヴァー等、合わせて7枚のアルバムを発表している。最新アルバムは2005年11月に発売された、新曲も含む14曲入りのベストアルバム「IT'S TOO FAST」。石井マサユキは「NATURAL CALAMITY」の森俊二と「GABBY&LOPEZ」としても活動し、アルバム2枚発表。最新作は2007年11月に発売。またギタリスト、アレンジャー、プロデューサーとして「CHEMISTRY」「鈴木亜美」「土岐麻子」などの活動に参加。また武田カオリは「川上つよしと彼のムードメイカーズ」や「ゆらゆら帝国」へボーカル参加するなど、それぞれ活動の場を広げている。

■ タイトル
Blind Moon -TICA Live-      

■ 日時       
2007年3月10日(土)18:00-

■ ライブ
TICA

■ DJ
山崎真央(graf media gm)

■ 場所
金沢21世紀美術館内 プロジェクト工房 スタジオカフェ yngm: k
■ 料金   
¥2000(with 1drink)

■ お問い合わせ   
yngmk@graf-d3.com

■ ご予約    
お名前、人数、ご連絡先を明記の上、 yngmk@graf-d3.com までお送り下さい。(定員先着100名)
※ご予約はメールのみでの受付に限ります


■  [PR]
# by yngmk | 2007-03-03 00:00 | event

SALMON PINK

投稿者 yngm: k staff rui_ishiguro
24日に続き、25日はフードユニット南風食堂とボーカル&ドラムのガールズユニットkiiiiiiiによるフードと音楽のイベントでした。
夕方16:30普段より少し早めの時間に開場したこの日のイベントは最初にkiiiiiiiのLiveから幕を開けました。南風食堂の三原さんによる選曲のBGMが終わると、衣装の二人がセットの前に現れ、"kiiiiiii!!"という叫び声と供にLiveスタート!!
分類不可能なパンク?ヒップホップ?でもポップ!な音楽でスタジオ内を圧倒。時に踊り、飛び回り、ステージを飛び出して客席までもステージになります。
上がりきったテンションと、熱狂の中Liveが終了しました。
Liveが終了するとFood Time。二種類のスープが大きなテーブルに並び、周りには人だかりが出来てゆきます。この日のメニューはトマトクリームスープ サーモン団子入り&金沢ポトフー。用意された40食は即完売でした。この日売っていた南風食堂による『スープの本』も完売。kiiiiiiiのパーカーやTシャツも完売。この日のイベントの盛況さが伺えます。
最後は奈良さんによるDJ!!
YNGのテーマ曲"荒野に進路をとれ"で大盛り上がりの中この日のイベントは終了しました。
この日、最初から最後までとても元気になれた大盛り上がりの一夜でした。

■  [PR]
# by yngmk | 2007-03-02 02:48 | event

Pink Moon -Yamamoto Seiichi Live-

投稿者 yngm: k staff rui_ishiguro
先週土曜日は山本精一さんのLiveでした。
開場前から長い列ができ、18:00になると店内は120名の人でいっぱいになりました。
19:00 になってDJと入れ替わる様に山本精一さんが登場すると会場は静まり、わずかなオープニングトークを挟んでLiveが始まりました。
アンプに電源を入れる指先、ギターを弾きながらPAに出す一瞬の指示、抱え込むように引くギターの様子、動作に一つも無駄がない山本さんとそのギター。体とギターがひとつになって躍動し、音が溢れ出てくる様でした。
Liveが終了した会場には、その場に音が残っているような様子で放心状態が続いていました。
この夜の特殊な体験は横浜→弘前→金沢とLiveを見てきて初めてのものでした。ただの感動ではなく、鳥肌が立つでもなく、頭の中にその残像が余韻として残っていました。


■  [PR]
# by yngmk | 2007-03-01 00:04 | event


< 前のページ 次のページ >